ブロッコリー多糖体とは?

【コラム】現代の日本では、年齢に伴う体の変化、異常な細胞の増殖やさまざまな病気、薬の副作用によって、自分でも気づかないうちに免疫力が下がってしまい、「病気になりやすい」、「症状が改善しない」、「薬物治療と副作用がつらい」という悩みを持つ方がたくさんいます。

免疫力の低下による健康問題に立ち向かうため、イマジン・グローバル・ケア社と東京大学が共同研究を行い、ブロッコリーに含まれる多糖体「ブロッコリー多糖体」に免疫活性化作用があることを発見しました。臨床試験において免疫力を顕著に高めることが実証され、免疫学の世界的権威や医療業界からも注目されています。

1.どうやって発見したのか?

カイコを使って免疫力を測定する方法を東京大学と開発し、それによってブロッコリー多糖体を発見しました。

【コラム】なぜカイコ?
実は、カイコはヒトの臓器に相当する器官を持っていて、ヒトと同じ病気にかかり同じ薬で治るという特徴があり、病気の治療や新薬開発のモデル動物になっています。

カイコにもヒトと同じように自然免疫がありますが、

カイコでは、免疫を活性化する成分を注射して免疫が活性化すると、筋肉が縮みます。そして、縮んだ長さで注射した成分の免疫効果の大きさがわかるのです。

免疫を活性化する成分を注射して筋肉が縮む様子

この発見のおかげで、『どの成分が免疫活性力が高いのか』を、迅速に、客観的に測定できるようになりました。私たち人間に免疫活性成分を注射しても、「いま免疫力が上がった!」ということはわかりません。

スーパーフードのブロッコリーから発見!
免疫力を高める新成分

東京大学の研究チームとともに、大量の食品成分をカイコに注射して試験し、圧倒的に免疫活性を高めるものを探しました。

5年かけて研究を続けた結果、ブロッコリーから100℃を超える熱で抽出した成分に、強い免疫活性があることを世界で初めて発見しました。

この成分が、ブロッコリー多糖体です。

ブロッコリー多糖体とは、ブロッコリーに含まれる多糖体の総称です。

”糖”とありますが、甘い糖ではありません。多糖体には、海藻のフコイダン、キノコのβ-グルカン、米ぬか、乳酸菌が作りだすものがあり、免疫活性化成分として広く知られています。

以下の図は、1つのブロッコリー多糖体の構造を表しています。糖が連続した特徴的な構造をもち、この糖鎖が免疫活性に重要な役割をもっています。

Drug Discoveries & Therapeutics. 2017; 11: 230-237

私たちは、後程ご説明する特許技術によって、ブロッコリー多糖体をまとめてエキスとして抽出しています。

ブロッコリー多糖体の
免疫活性は非常に高い

bps_immune_660_purified.
Frontiers in Food Science and Technology. 2023: 1012121,Drug Discoveries & Therapeutics. 2017; 11: 230-237,
Drug Discoveries & Therapeutics. 2012; 6: 88-93, ©Imagine Ogata Seimeigaku Laboratory.

ブロッコリー多糖体の免疫活性値は、他の多糖体と比べて非常に高く、抗腫瘍効果があるとされるレンチナンや、高活性の多糖体として知られるβ-1,3グルカンと比較しても、ブロッコリー多糖体は300倍以上の免疫活性値を示しています。

強い抗酸化作用

【コラム】アンチエイジングで注目される抗酸化物質ですが、そもそも抗酸化作用とは活性酸素を消去して酸化を抑える働きです。 体内で生成される活性酸素が過剰になると、動脈硬化・がん・老化・免疫機能の低下などを引き起こします。(厚生労働省 e-ヘルスネット)

2.ヒト臨床試験で実証

ブロッコリー多糖体のサプリメントを使って臨床試験を行い、免疫力を顕著に高めることを立証しました。

免疫力を高めるしくみ

bps_immnue-boost_MoA2

NK細胞の活性化

奥村先生

【コラム】NK細胞の役割
NK細胞は、外部から入ってきたウイルスに感染した細胞や、がん細胞をやっつけます。お巡りさんのように全身をパトロールしています。しかし、このNK細胞は歳を取ると弱くなってきます。

ブロッコリー多糖体のサプリメントを摂取した被験者は、摂取前と比べて、NK細胞の活性が15%以上高まる傾向が確認されました。

activate_Natural-Killer-cells

免疫の司令塔
樹状細胞の活性化

【コラム】樹状細胞は、免疫の司令塔とも呼べる細胞で、ウイルス感染細胞やがん細胞を攻撃する働きを持つ免疫細胞を活性化し、効率よく攻撃できるように指令を出します。

ブロッコリー多糖体のサプリメントを摂取した被験者は、プラセボ(偽薬)群と比べて、樹状細胞の活性が30%以上高まることがわかりました。

activate_plasmacytoid-dendritic-cells

風邪の発症リスクを下げた

【コラム】ウイルスや細菌に感染することで発症する風邪。風邪の症状が長引く主な理由は免疫力の低下といわれています。

ブロッコリー多糖体のサプリメントを摂取した被験者は、プラセボ(偽薬)群と比べて、試験期間中に風邪症状(喉の痛み、鼻汁などの上気道の炎症、熱っぽさ、全身倦怠感など)を発症した日数が4日以上少ないという結果が出ました。

prevent_catch-cold

安全性

2011年より長期にわたって1億500万食を超える喫食実績がありますが、健康被害は起きていません。そして、3回の臨床試験でも安全性は確認できています。

3.医療業界の声

4.ブロッコリーを食べると摂取できるのか?

ブロッコリー多糖体は硬い細胞壁の中にあるので、生や茹でた状態のブロッコリーを食べても体内に吸収されずに排出されてしまい、食事で摂取するのは困難です。実際に、ブロッコリーを「煮る、茹でる、それらをミキサーですりつぶす」等したものからエキスを作って試験しても免疫活性はほとんど起こりませんでした。

東京大学と共同で特許取得した抽出技術

そこで私たちは、東京大学の研究チームと抽出実験を何千回も繰り返し、高い免疫活性をもつブロッコリー多糖体を取り出す技術を開発しました。

bps_research_fig_patent_comparison
出典:特許 第5394233号、特許第5491082号、©Imagine Ogata Seimeigaku Laboratory.

当社はこの技術を使って、免疫活性の高いブロッコリー多糖体を抽出しています。

この黄金色の抽出エキスには、様々な種類の免疫活性が高いブロッコリー多糖体がたっぷりと含まれています。

自社工場で抽出しているブロッコリー多糖体

このエキスを飲むと、心が温まり、ほっと安心した気持ちになります。(研究員メモ)

気になった方へ

免疫活性化成分「ブロッコリー多糖体」をわかりやすく解説した無料のガイドブックです。『一人でも多くの方に元気で笑顔になっていただきたい』その思いから、私たち研究員が作成した資料です。きっとお役に立つと思いますので、ぜひ、お申込みください。

スマートフォンから、以下のボタンをタップするか、QRコードを読み取って追加できます。

友だち追加

お問合せ

イマジン・グローバル・ケア株式会社 研究所

電話:0120-632-265
※9:00-19:00
メール:support@broccoli-lab.jp

当ウェブサイトは、イマジン・グローバル・ケア株式会社の研究所が運営しており、研究関連情報を提供するものです。特定の疾患に対する治療法や予防法を推奨するものではありません。また、個人の健康状態や医療情報に関するお問い合わせには、お答えすることができません。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!